お気軽にお問い合わせください
03-3255-4730

神田にて夜間診療も行っております。
〒101-0047
千代田区内神田2-7-14
山手ビル3号館4F

各種保険適用/
自立支援医療制度
扱っています

地図
ネットで受付(初診のみ)
東京カウンセリング研究所
院長の部屋
荻本医院のブログ
東京カウンセリング研究所
ジャック・ラカンについて

ラカンは後接語 pas を何性 quiddité の排除 forclusion の機能を果たすものとして、存在にかかわる ne に対峙させる。 ne は無意識の主体の痕跡であり、主体の分割 refente のシニフィアンである。 一方、pas は砂上の足跡 pas のように、現実における穴 trou を示す。それはシニフィアンの効果 としての主体を構成するものである。 パ−スのダイアルにおいて、「すべての線は垂直である」といった命題は、「いかなる線も存在しない」右上の四分の一円に対しても真となる、 つまり、普遍判断においては存在者の存在は必要ないのである。たとえば、「乳房のない哺乳類は存在しない pas de mammifère qui n'ait de mamme」といった命題は、もし哺乳類というものが存在しなくても普遍的には真である。 第5章「主人の言説とヒステリ−者の言説」で述べることとなるが、哲学者の言説は、 ラカンによれば、主 人の言説の変種とみなされる。主人の言説は自らが普遍的言説であることを欲するが、精神分析の言説は、この主人の言説をヒステリ−者の言説と対峙させることによりその限界を明らかにする。 しかしここでは、精神分析の言説によって規定される性の論理において、各々の量 化命題とその様相との関係を述べることが懸案だったので、それに答えることでこの章を閉じることとする。

以上は次のように読まれる。
 
(・) xは自らつくり出した去勢の法をまぬかれているがゆえに必然的にファルスの享楽を実現する。
(・) つくりだされた法は普遍的なものであるが、主体にその法が適用されるのはかのうたいにおいてで ある。
(・) ファルスの法は必然的なエクリチュ−ルによる享楽を〈他者〉との関係において実現させようとす る。しかしながら、〈他者〉都の出会いは偶然の(必然的でない)出会いである。エクリチュ−ルそのものが必然性を求めるゆえ、この出会いは失敗を刻印された出会いである。
(・) 書かれることの不可能性、論理における不可能性、それは現実 le réel に属すものである。