お気軽にお問い合わせください
03-3255-4730

神田にて夜間診療も行っております。
〒101-0047
千代田区内神田2-7-14
山手ビル3号館4F

各種保険適用/
自立支援医療制度
扱っています

地図
ネットで受付(初診のみ)
東京カウンセリング研究所
院長の部屋
荻本医院のブログ
東京カウンセリング研究所

付)いわゆるパワー・ハラスメントについて

パワー・ハラスメントは和製英語で、英語を母国語にしている人にこの言葉を使っても怪訝な顔をされます。社会問題となっていることは事実ですが、セクシャル・ハラスメント(こちらは米国からはいってきた言葉で、法的にも『男女雇用機会均等法』に規定があり -「環境型」、と「対価型」とに分類されているのも米国と同様です - とは異なり、法的な位置づけがなされていません。しかし大企業を中心に対策チームをつくるなど自助努力がなされています。一時期問題となったホワイトカラー・エクゼンプションなども和製英語でしたが、逆輸入されて、今では米国の某サイトにも記載がみられますので、このパワー・ハラスメントも同じ命運を辿るかもしれません(因みに日本においてホワイトカラー・エクゼンプションは実施されず、この言葉も忘れかけられています)。